« なっとく、美少女図鑑:幻のフリーペーパー、千葉でも 県内女性をモデル、12月に発刊 /千葉 | トップページ | なっとく、15キロ“リバウンド”の渡辺徹「明日からダイエットしま~す」 »

2009年9月30日 (水)

「味わい多様化」で缶コーヒー市場異変 「微糖」が「スタンダード」を急追・・すごすぎる!

みなさん(〃^∇^)oお疲れさま~
元気ですか?
今日の私は
仕事頑張ったヨσ(゚ー^*)
そこで、今日の話題ですが・・・
最近のこれ知ってます?
「味わい多様化」で缶コーヒー市場異変 「微糖」が「スタンダード」を急追について調べてみました。

こんなカンジです( ̄ ̄ー ̄ ̄)

「味わい多様化」で缶コーヒー市場異変 「微糖」が「スタンダード」を急追
9月30日10時35分配信 J-CASTニュース


「コク」で競う。缶コーヒーは「微糖」の時代に


缶コーヒーの定番と言えば、コーヒーと砂糖、ミルクがバランスよく入った、「スタンダード」タイプだった。ところが、近年「微糖・ゼロ系」タイプが人気を集め、販売シェアでも05年の10.8%から08年には23.8%と急成長中だ。背景には健康志向の高まりに加えて、ヘビーユーザーも飽きさせない、「味わい多様化」に対応した「つくり込み」があった。

■「微糖・ゼロ系」がランキング上位に顔を見せる

缶コーヒーは、「スタンダード」と「微糖・ゼロ系」、「ブラック」、「カフェオレ」の4つのカテゴリーに分類できる。いわゆる「スタンダード」タイプはこれまで缶コーヒー市場のけん引役だったが、ここ数年は「微糖・ゼロ系」タイプが急追している。

現在、それぞれのシェアは「スタンダード」が40%、「微糖・ゼロ系」が25%、「ブラック」20%、「カフェオレ」15%程度と推定され、2008年度の「微糖・ゼロ系」の国内市場規模は04年度と比べて約3倍伸びた。「スタンダード」と「微糖」の販売額の差は05年の4254億円から、08年は1302億円と急激に縮まっている。ちなみに、2008年度の缶コーヒー全体の売り上げは約8000億円だ。

ブランド別売上げをみると、08年度のベスト5のうち、「ジョージア ヨーロピアン微糖」(日本コカ・コーラ)が452億円(販売シェア5.9%)で全体の第2位、「ボス 贅沢微糖」(サントリー)が284億円(同3.7%)で同第4位にランクインした。「スタンダード」タイプの「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」(日本コカ・コーラ、656億円、第1位)や「ボス レインボーマウンテンブレンド」(サントリー、315億円、第3位)を脅かすほどの人気だ。

■「コクの微糖」、バリエーションも増える

「微糖・ゼロ系」人気の背景には、健康やダイエット志向の強まりがあるが、そもそも缶コーヒーを好む人にはヘビーユーザーが多く、1日に何杯ものコーヒーを飲む愛飲家にとって、甘みを抑えた「微糖」のニーズはあった。

さらに、「微糖」タイプが売れ筋になってくると、各メーカーがこのジャンルにこぞって商品を投入。競争が激化して、これまで以上に「味わいの多様化」が求められるようになった。それが「味のつくり込み」技術の進化につながったようだ。

「微糖・ゼロ系」で最も売れている「ジョージア ヨーロピアン微糖」は2002年、初の「微糖」缶コーヒーとして発売された、いわばパイオニア的な存在だ。ヘビーユーザーも飽きさせない「コク」のある味わいが特長で、日本コカ・コーラのマーケティング本部ジョージアグループの坂下真実マネージャーは、「ローカロリーだけど、しっかりした味わいとコクを楽しみたいというニーズに応えた」と話す。

ユーザーの多くが30歳以上の働き盛りの男性ということもあって、「仕事のパートナー」をコンセプトに据えて、「焙煎方法に加え、焙煎度合いにまでこだわり、目指すコクのある味わいを引き出すのに苦労した」という。

ローカロリー飲料にありがちな水ぽっさや物足りなさをなくし、同時にスタンダードタイプのような濃い甘さでもない。仕事中の、「午後の少し疲れたかな」というときに飲める、ほどよい甘さとコクをつくり出した。

日本コカ・コーラの場合、ターゲットの年齢やニーズに応じて、コーヒーの種類や砂糖、ミルクの分量を変えた「味のつくり込み」によって、「ジョージア ヨーロピアン微糖」のほか、「ウルトラ微糖」や「エッセンスドロップ微糖」など「微糖」のバリエーションを増やしている。こうした傾向は業界全体に広がりそうだ。

(データは、2009年食品マーケティング便覧)

■関連記事

あの甘さがタマらない ご当地缶コーヒー「マックスコーヒー」が全国展開 : 2009/02/13

「トクホ」の認可受けた缶コーヒー : 2009/09/16

8年連続CMキング「キムタク様」はすごい人 : 2007/06/13

「ジョージア マックスコーヒー」に7種類のビタミン入り新商品登場 : 2009/06/16

「ジョージア」からコーヒーゼリー : 2009/06/08

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090930-00000000-jct-bus_all

\(○^ω^○)/

今日のお話は、いかがだったでしょうか?
私としては
ビミョーかな(_ー_)
いやー、しかし
なんかしんどい今日この頃ですが、がんばっていきましょう。
See you tomorrow(*^-^*)


ファッションフード家電、さまざまなアイテムでライフスタイルを楽しむショッピングモール
[PR]ワンピース
[PR]コーチ

|

« なっとく、美少女図鑑:幻のフリーペーパー、千葉でも 県内女性をモデル、12月に発刊 /千葉 | トップページ | なっとく、15キロ“リバウンド”の渡辺徹「明日からダイエットしま~す」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「味わい多様化」で缶コーヒー市場異変 「微糖」が「スタンダード」を急追・・すごすぎる!:

« なっとく、美少女図鑑:幻のフリーペーパー、千葉でも 県内女性をモデル、12月に発刊 /千葉 | トップページ | なっとく、15キロ“リバウンド”の渡辺徹「明日からダイエットしま~す」 »